弊社は、JISQ9100航空宇宙機器の品質マネジメントシステムの取得を支援しています。

警告!読むまで取るなJISQ9100
  アイソ・ラボ株式会社  
|||||||||||||||||||||||||||||| トップページにGo |||||||||||||||||||||||||||||| ||||||||||||||||||||||||||||||| 来たところに戻る |||||||||||||||||||||||||||||||
超コンパクトISOを知らない人は、今すぐクリックしてください。
超コンパクトISOで取る JISQ9100
JISQ9100導入ミニセミナー      コンサル見積依頼      審査見積依頼
TOP>JISQ9100
                                  最近は精密加工会社がJISQ9100を取得して
                                  航空宇宙防衛産業に進出されるケースをよく見かけます。


T.JISQ9100とは?
航空宇宙産業における品質マネジメントシステムの規格です。
基本の骨組みはISO9001と同じで、それに航空宇宙産業に必要な要求事項が
追加されたものです。

この規格の制定は、次のような経緯によるものです。
航空宇宙産業では、米国防省のMILspec体系が長い間使われていましたが、
1994年から始まった米軍の調達改革により、MILspec体系の見直しが行われました。
その結果、品質システム仕様書であったMIL-Q-9858Aも廃止され、
その代替規格としてISO9001が使われるようになりました。

しかし、ボーイング、エアバス等のプライムメーカでは、ISO9001のみでは
航空宇宙産業の要求を満たすことはできないとして、
不足を補う要求事項をサプライヤに求めていました。
これらを共通の要求事項として統一し、ISO9001の要求事項に追加する必要がある
との認識が広まってきました。

このため、1998年に世界の主要な航空宇宙関係企業が国際航空宇宙品質グループ(IAQG)
を設立し、品質の向上とコストダウンを目的とする航空宇宙品質マネジメントシステムの
国際統一規格であるIAQS9100を制定しました。
米国ではSAEがAS9100を、欧州ではAECMA prがEN9100を制定しました。

 日本でも、日本航空宇宙工業会内に航空宇宙品質センター(JAQG)を発足させ、
IAQG活動の進展に対応する国際的な活動を開始し、1999年12月 SJAC9100を制定し、
2000年8月にSJAC9100を日本工業規格としてJISQ9100:2000を発行しました。
2004年7月には現行規格であるJISQ9100:2004に改正されました。
これはIAQS9100:2003年版の翻訳です。

ISO9001への主な追加要求要求事項には次のようなものがあります。
@ 形態管理についての要求事項
A キー特性についての要求事項
B 異物混入防止についての要求事項
C 初回製品検査についての要求事項

 JISQ9100は、ISO9001に航空宇宙産業特有の要求事項を追加したものですから、
これらの関係は、次の図のようになります。





 このように、JISQ9100の仕組みは、ISO9001と同じ「品質マネジメントシステム」であり、
「お客様が、信頼し、安心して取引することができる仕事の仕組みが企業に備わっている」
ことを証明するために、品質に対する取組み方、仕事の仕方、管理の仕方を決めた国際規格です。

すなわち、航空宇宙産業関連企業などの組織が、
品質マネジメントシステムを構築するために求められる事項を規定したもので、
品質方針及び品質目標を立て、実施・運用し、点検及び是正処置を行い、
経営層(会社のトップ)が見直すといういわゆるPDCAサイクルを継続的に行うことにより、
企業は自分たちで学習し、継続的に業務改善をしていき、
お客様に満足していただける製品を提供するという仕組みです。(下図参照)





U.JISQ9100の必要性

航空宇宙産業で使用する製品や部品には、その使用目的から厳しい品質管理を求められています。
航空宇宙製品の品質保証の常識を確保するうえにも、
航空宇宙産業に関連する企業は、JISQ9100の取得が必要でしょう。

航空機を製造する大手企業では、航空機本体に直接付属する部品、製品を製造する企業に対して、JISQ9100の取得を要求しています。
今後、もし、三菱の中距離ジェット(MRJ)が本格的になってきますと関連企業は、
JISQ9100の取得を求められると思われます。

ボーイング等が順調ですから航空宇宙産業は今後伸びるのではないかと思います。
航空宇宙産業に新規参入するためにはJISQ9100の取得が必須と考えるべきでしょう。
今が新規参入の絶好のチャンスかもしれません。



V.JISQ9100への取り組み

JISQ9100の大きな目的は、次の2つです。(ISO9001と同じです。)
@ 顧客要求事項(お客様の望まれるもの)及び法令規制要求事項を
  満たした製品を一貫して提供する能力があることを実証するため ⇒ 「認証制度のため」

A 仕事のやり方を改善し製品の品質保証と顧客満足の向上を目指す。⇒ 「会社を良くする」

 この目的を達成するために、JISQ9100の要求事項にしたがって、
トップから末端の従業員に至るまでが共通のポリシー、認識に基づき、
品質を作りこむための手順やルールを決めて、システム(仕組み)を確立します。

これを「品質マネジメントシステム」といい、このシステムを適正に、
そして効果のあるようにPDCAサイクルを回して、
マネジメントシステムを継続的に改善していきます。

この改善を着実に進めることによって、会社をレベルアップします。
当然に、航空宇宙製品の品質保証の常識として追加された要求事項を、
確実に実施できる手順やルールを企業の規模、仕事の複雑さ、要員のレベルに従って、
必要な範囲で組み込みます。
追加要求事項といっても、特別に難しいことを要求してはいません。
航空宇宙産業に携わっていれば、無意識のうちに既に実施していることも多いのです。
品質マニュアルはやっていることを中心まとめられたらよいでしょう。





W.認証取得のメリット

・ 現状の問題点、課題を見つけ、業務改善ができます。
・ 仕事のレベルアップの仕組みが構築でき、ひいては、会社のレベルアップを図ることができます。

特に、航空宇宙産業関連の企業では、JISQ9100を取得することにより、
審査結果がJAQGからIAQGのOASISデータベース(ウェブサイト)に登録されます。
このデータベースはIAQG/JAQGメンバー会社によって利用されるので、
顧客による監査等が省略されるほか、ベンダーリストに登録されるなどのメリットがあります。


 「品質マネジメントシステム」とは、つまるところ、下図のように
会社のレベルアップを図るための仕組み(システム、道具)を提供するものです。






X.システム構築
システム構築にあたっては、文書構造を単純にし、可能な限り文書量を減らす工夫が必要です。
マニュアルには、やれないことは書かないこと、やらないことは書かないことです。
ここでも超コンパクトISOの考え方を基本にされるとよいでしょう。


JISQ9100、MSJ4000取得コンサルティングをご希望のお客様は見積依頼書をお送り下さい。
見積依頼書は下をクリックすると取り出せます。
JISQ9100コンサルティング見積依頼書(PDFファイル)印刷して記入の上お送りください。又は、
JISQ9100コンサルティング見積依頼書(EXCELファイル)メールに添付してお送りください。



                                           来たところに戻る
アイソ・ラボ株式会社
札幌、苫小牧、仙台、茨城、千葉、東京、西東京、名古屋、大阪、神戸、福岡、熊本、鹿児島
本社 〒838-0138 福岡県小郡市寺福童426
フリーダイヤル 0120−100−433
電話 0942-73-1470 FAX 0942-73-1410
mail:info@isolabo.com
Copyright (c) 2003-2016 ISOLABO Co.Ltd, All rights reserved.