BCP事業継続計画書の作成やISO22301事業継続マネジメントシステムの認証取得を支援しています。

警告!読むまで取るなISO
  アイソ・ラボ株式会社  
|||||||||||||||||||||||||||||| トップページにGo |||||||||||||||||||||||||||||| ||||||||||||||||||||||||||||||| 来たところに戻る |||||||||||||||||||||||||||||||
                             NEW!BCP関連資料を無償提供中

ISO22301を取得していた弊社がその経験を生かして実施しているセミナーです。

事業継続計画書をつくるセミナー
         御社に
訪問して実施します。
  
                    

東日本大震災において,被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
お亡くなりになられた方々のご冥福を謹んでお祈り申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます.

東日本大震災では、多くの工場が被災し生産がストップしました。
そのために全国各地の企業で原材料の入手遅れによる減産や生産停止が相次ぎました。
震災後、約6ヶ月経っても、復旧の目途が立たない企業も多いようでした。

同様のことが2007年の新潟沖地震の際にも発生し、その教訓が活かされなかったことになります。
事業継続への準備をしていない企業が多く、又しても経済活動が大停滞してしまいました。


災害等で事業が中断した場合、目標期間内に事業を再開できる計画書を作成することが求められています。この計画書のことを事業継続計画書と呼びます。
英語でBusiness Continuity Plan 略してBCPと表現します。

この東日本大震災を契機に、下請け企業に対して事業継続計画書の作成を
要求する大企業が数多く出てきました。
このためでしょうか、中小企業でも事業継続計画書を作る会社が多くなっています。

ところが事業継続計画書をどのようにして作れば良いかわからない、
何を書けば良いかわからないと悩んでいる会社も多いことと思います。

弊社では、このようなお客様に向けて2年間で6回のオープンセミナーを開催しました。
この時のアンケートの中に
 自社の状況に合ったBCP事業継続計画書を作りたい。
 BCPはひとりではつくれない。他のメンバーも参加させればよかった

 オープンセミナーではゆっくり相談も出来ない。
 他の参加者と知識の差が大きく質問するのが恥ずかしかった。

との感想が複数ありました。
これらを解決するには、オープンセミナーでは実現出来ないことがわかりました。
そこでBCP事業継続計画書をつくるセミナーを御社に訪問して実施することにしました。


このセミナーで作成する事業継続計画書は地震想定のものです。
対象業種は製造業ですが、他の業種も実施可能です。

このセミナーは単に事業継続計画書の作り方を学ぶセミナーではありません。
午前は、事業継続計画書の作成法や重要なポイントを解説します。
午後は、実際に御社用の事業継続計画書を作って頂きます。

午後の事業継続計画書を作る時間では講師がコンサルタントに変身して指導・助言します。

BCP事業継続計画書の作成にこのセミナーを利用されてはいかがでしょうか?
参加者には、事業継続計画書と様式のサンプルを電子データで提供します。
 
BCP事業継続計画書作成 訪問セミナー

このセミナーでは次のオリジナルテキストやサンプルを提供します。
  1)事業継続計画書作成マニュアル(書籍、簡易正本版)
  2)事業継続計画書のサンプル(wordファイル)
  3)同上用様式集(wordファイル、一部excelファイル)

カリキュラム
 10:00〜12:00 事業継続計画書の作り方の解説
1)事業継続計画書はなぜ必要か?
2)事業継続計画書をつくる際の留意点
3)事業継続計画書を作成するステップ
4)事業継続計画書に盛り込むべき内容とは?
5)焦点を定める(重要事業や中核事業の選び方)
6)目標復旧時間の決め方
7)被害想定と前提条件とは?
8)初動対応、復旧活動、平時に行うことを決める
9)演習を行って仕上げる。
 13:00〜16:00 事業継続計画書を作ろう。(実習)

研修時間帯 10:00〜16:00
参加料 4名様
¥129、600の所、ただ今割引中¥97、200円(税込み)
5名様以降は1名様17、280円で参加可能です。


BCPは自社が完璧でも協力会社が被災すれば直接影響を受けるのは御社です。
これを避けるためにも
協力会社も同時に受講されることをお勧めします。
そのような場合でも上記の割引は有効とします。

お客様に用意して頂きたいものとして次のものがあります。
 1)研修会場        2)パソコン(講師用は持参)    3)プロジェクタ
 4)電源延長ケーブル  5)ホワイトボード
(必須ではありません)

申込用紙はこのページの下の方にあります。

注意
1)提供する事業継続計画書は、国際規格
ISO22301を活用して作成しています。
2)実施日はご希望を伺った上で打ち合わせて決定します。
3)BCPはこのセミナーの中だけでは完成しません。 研修後に完成させて下さい。
4)BCP作成完了までの支援や作られたBCPの演習支援、定期的な監査など
  ご希望があれば、何なりとご相談下さい。
5)セミナー開催場所までの交通費は別途させていただきます。
6)消費税変更の際は、変更後の消費税で積算して請求申し上げます。

受講されたお客様から頂いた感想

平成23年8月26日開催
福岡市天神のアクロス福岡で第1回目のBCPをつくるセミナーを開催しました。
その際に頂いたアンケートでは高い評価を得ました。
  今まで受けたBCPセミナーの中では、具体的で分かり易く一番良かった。
  BCPは一人では作れない。複数で参加する方がよかった。
  頂いたサンプルマニュアルは分かり易く、様式集も付いているので
  自社用のBCPも作りやすい。会社に帰ってさっそく作ろうと思います。
他の会場でも多数感想を頂きました。 こちらにどうぞ。 → BCPをつくるセミナー実績


お申込みは、下の用紙に記入の上FAXまたはメール添付でお送りください。
  FAX用 → PDFファイル   メール添付用 → EXCELファイル

問い合わせや参加申込みは、メールでどうぞ。 → 問い合わせ
電話でも受け付けています。フリーダイヤル 0120−100−433

沢山の方に受講していただきたいと思います。
お申込みをお待ちしております。

弊社ではBCP事業継続計画書作成コンサルティングも行っています。
 見積を依頼したい方は下の見積依頼書に記入してお送りください。
BCP事業継続計画書作成コンサル見積依頼書-----→ EXCELファイル PDFファイル
ISO22301認証取得コンサルティング見積依頼書-→ EXECLファイル PDFファイル

弊社はISO22301事業継続マネジメントシステムを認証取得していました。
  弊社におけるISO22301の取り組みをご紹介します。

今回のセミナーはこの取得経験を活かした内容になっています。

                                     来たところに戻る

                                       ISO22301
アイソ・ラボ株式会社
札幌、苫小牧、仙台、茨城、千葉、東京、西東京、名古屋、大阪、神戸、福岡、熊本、鹿児島
本社 〒838-0138 福岡県小郡市寺福童426
フリーダイヤル 0120−100−433
電話 0942-73-1470 FAX 0942-73-1410
mail:info@isolabo.com
Copyright (c) 2003-2016 ISOLABO Co.Ltd, All rights reserved.