環境整備(整理整頓、ムダ取り)の徹底で人づくり、組織づくり、仕組みづくり、利益づくり

警告!読むまで取るなISO
  アイソ・ラボ株式会社  
|||||||||||||||||||||||||||||| トップページにGo |||||||||||||||||||||||||||||| ||||||||||||||||||||||||||||||| 来たところに戻る |||||||||||||||||||||||||||||||

      もっと利益をあげるには?

もっと利益をあげるには?
と考えるとき浮かび上がるのは
 1)今より高い価格で受注すること
 2)材料や部品を安く仕入れること
 3)安い外注先を探すこと
ではないでしょうか。
これらには相手がいるので簡単ではありません。

あるお客様が「とにかく忙しい」とおっしゃいました。
「人は入ってこないし何もできない」とのこと。
それって、やらなくてもよいことをやっているのではないかと思いました。
例えば、
 1)結論が出ない会議に多くの人を集め多くの時間を使用する。
 2)大して役に立たない報告書の作成に多くの時間をかけている。
 3)時間をかけて、やたらと詳しい提案書を作成している。
そのようなことに、なっていないでしょうか?
これらは見直し、短時間に済ませるか,役に立たないならやめる方がよいです。
時間は貴重な資源です。誰にでも1日24時間しか与えられていません。
いかに時間を有効活用するかが大切です。

時間を有効活用する方法として環境整備をお薦めしたいと思います。
環境整備は仕事をする環境を整備する意味合いです。
つまり職場にあるムダを徹底排除する活動です。

ムダとは何か? まず下図をご覧ください。



1)無価値作業 とは、価値が全くない作業や時間ののことです。
   例えば、就業時間内に厨房でお茶を飲んでいる、仕事とは関係のない話をするなど。
   無価値作業は、もともとなくてもよいものです。
2)補助準備作業とは、付加価値作業を実施するのに欠かせない作業や時間のことです。
   例えば、見積書を作成するのに、価格表を準備する、パソコンを立ち上げるなど。
        ものを作るのに、材料を準備する、工具を準備する、けがくなど
3)付加価値作業とは、肝心かなめな作業や有益な時間のことです。
   例えば、溶接作業なら火花が散っている間が付加価値作業
        溶接機を準備している、まさに溶接しようしている ← これは補助準備作業。
        ドリルで穴を空けます。切り子が出ているときが付加価値作業。
        ドリルを探している、工具にドリルをセットしている、 ← これは補助準備作業。
        見積情報をパソコンに打ち込んでいる瞬間が付加価値作業にあたる。
   付加価値作業は作業全体の15%前後しかないと言われています。

無価値作業と補助準備作業はムダのかたまりです。
ムダが多いと、しなくてもよい残業が必要になります。
ムダは、できればゼロにしたい所ですがそれは無理です。
しかし減らすことはできます。
自動車メーカーや家電メーカーは0.X 秒単位のムダを減らす努力をしています。
中小企業の多くが放置状態と言ってもよいでしょう。


会社は環境整備をしないと、ムダが増えていきます。
放置するとムダが山になりゴミ屋敷みたいになります。
ムダが増えてゴミ屋敷になると、会社は赤字体質になり経営を圧迫します。

会社には次のムダがあります。社長見えていますか?
1)物や情報を探すムダ
2)時間を浪費するムダ
3)あるのに買ってしまうムダ
4)作りすぎのムダ
5)手待ちのムダ
6)運搬のムダ
7)加工そのもののムダ
8)在庫のムダ
9)動作のムダ
10)不良を作るムダ

これらのムダを徹底排除し、会社を黒字体質にするのが環境整備です。
ムダは埋蔵金。環境整備は埋蔵金を発掘してお金に換える活動といえるかもしれません。

環境整備の基本のひとつは整理、整頓です。
多くの会社で「整理、整頓」や「5S」のポスターを見かけます。
でも、私に言わせて頂くと、5Sを徹底してやっている会社は少ないですね。
5Sを徹底すると大きな業績改善効果があることをご存じではないのでしょう。

現に5Sを徹底して年間数百万円のムダを排除した会社があります。
メリットはそれだけではありません。
5Sを受注の武器にしている会社もあるほどです。
大阪の会社の社長は、自社は技術的にも、品質的にも、価格的にも他社に勝るものはない。
だが、何かをやって他社と差別化したいと思って取り組んだのが5Sだったそうです。
この会社は、5Sを徹底して実施し、誰に見せてもこれはすごいと言わせるレベルに高めました。
つまり整理、整頓、清掃、清潔、躾けを徹底して会社をショールーム化したのです。
その後はお客様を工場に案内するだけで多くを受注できるようになったと語ってありました。
つまり5Sを徹底すると利益がでるということです。

5Sを徹底していない会社は、私から見ると5段階評価で、レベル1やレベル2の所が多いですね。
これでは得られるはずの利益が飛んでいる。
そのくせ、利益がでないと悩んでいる。
そんな会社が多いのです。

東京のある会社は、ISO9001の審査の中で審査員から
「御社みたいな、小石ひとつ落ちていない工場を見たことがない」と言われて、
すっかり5Sができていると勘違いしました。
この会社は審査前に大掃除をしたのでしょう。
審査員も問題です。5Sは業績改善に大きく関わることなのに
このような誤解につながる発言は大問題です。


勘違いしてはいませんか?
5Sは、大掃除をすれば完成、と思っていませんか?
5Sは、片づけをすれば終わり、と思っていませんか?
5Sは、職場をきれいにすれば完了、と思っていませんか?
そう思っているのならそれは間違っています。

5Sは、整理、整頓、清掃、清潔、躾を徹底することです。
あなたは、5Sの各要素の意味を正し説明できますか?
各要素の1点1点は実施できていますか?
どの順番で進めていけばよいかお分かりですか?

5Sの各要素の意味を正しく理解し、徹底して実践し、
継続的に改善することが、業績向上につながるのです。
さらに弊社では5Sを発展させた進化型5Sをお勧めしています。
進化型5Sでは、人づくり、組織づくり、仕組みづくりを同時に実施します。


あなたのレベルは……?
あなたは、下の写真を見てどのように評価しますか?
レベル1=非常にひどい状態(5Sを全く意識していない)
レベル2=改善点が多数ある。(まだまだ)
レベル3=努力していることが分かる。
レベル4=若干改善が必要だがこれなら合格点があげられる(ほぼ完璧)
レベル5=指摘が全くない状態(完璧の状態)


あなたは上の写真を見てどのように評価しましたか?
この写真はひどい状況です。
どこに何があるか分かりません。
探すのにかなりの時間が掛かりそうです。
文句なしのレベル1です。三流企業に多いレベルです。


ではもう1枚
下の写真について改善点を指摘してください。

まだまだ改善の余地があります。レベル3。

もう一枚評価してください。

改善点があります。何か分かりますか? 
レベル3.5でしょうか?
これでもまだ二流企業レベルです。

最終的に下のものになりました。
使用頻度の高いものだけにして、取りだしやすくしました。
これだけあれば私の日常業務に支障はありません。
これなら、なくなってもすぐに分かります。
レベル5=これでやっと一流企業の仲間入りです。



5Sは、やる人の5S意識レベルまでにしかなりません。
手をはなすと、もとに戻るようではダメです。
短期でレベル5を目指すならコンサルタントは必須です。
頑張って一流企業並にしませんか?


環境整備は5Sから、その後は?
5Sがある程度徹底できたら、今度はムダ取りを徹底実施しましょう。
作業者を観察して、ムダな動きを把握し改善しましょう。
ムダ取りは、ムダが見えないと手の出しようがありません。
ムダが見えないなら専門家が必要です。


環境整備を徹底することで、得られるメリットは?    
1) 働きやすくなる。
2) ムダな動作が少なくなる。
3) ミスが少なくなる。
4) 探す時間が少なくて済む。
5) 必要なものがすぐに見つかるようになる。
6) 品質が向上する
7) 安全性が向上する。
8) 紛失したことが、わかるようになる。
9) ないはずのものが、わかるようになる。
10) 異常と正常がわかるようになる。
11) ムダな買い物がなくなる。
12) 狭かった職場や置き場が広くなる。
13) 掃除が簡単にすむようになる。
14) 資金効率があがる。
15) 見学したお客様の評価が高くなり受注しやすくなる。
16) 気がついたら儲かる会社になっている。
17) 皆が活き活き輝くようになる。
18) 意識改革が進む。
19) 良い社風が出来上がる。
20) このような結果、営業利益率が上がる。(収益改善が実現する)

これらのメリットは、構成員の全員参加が前提です。
環境整備を徹底し、一流企業を目指しましょう。

環境整備は製造部門だけのものではありません。
事務部門の5S
情報の5S
書類の5S
業務の5S
倉庫の5S
工事現場の5S

商社の5S
旅館業の5S
小売業の5S
サービス業の5S
病院の5S
など多数あります。

さらに家庭の5Sもあります。この家庭版を整理収納又は断捨離と呼びます。
弊社には整理収納一級のコンサルタントが所属しています。


環境整備導入ミニセミナーのご案内
弊社では、環境整備導入ミニセミナーを企業様に訪問して実施しています。
環境整備とは何か?
なぜ環境整備が必要か?
なぜ環境を整備して業績改善ができるのか?
どのようなメリットがあるか?
進める上での注意点は?
などについてお話しします。

質疑応答まで入れて2時間で無料です。
今すぐお申し込みください。PDF申込書  EXCEL申込書
※セミナーは無料ですが、交通費の一部負担をお願いすることがあります。
※コンサルさんや同等の人が既に入っている会社には提供していません。



環境整備無料診断を実施中です。大変申し訳ありません。ただ今2ヶ月待ちです。
メールでお尋ね下さい。
お待ちしています。
※交通費の一部負担をお願いすることがあります。


環境整備プロジェクトのコンサルティングの見積が必要な場合には、
下から見積依頼書を取り出して記入の上お送りください。
   PDF見積依頼書(手書き、FAX用)
   EXCEL見積依頼書(ワープロ入力、メール添付用、FAX用)

あなた様からの見積依頼書をお待ちしています。

      アイソ・ラボ株式会社 営業部


                                     来たところに戻る
アイソ・ラボ株式会社
札幌、苫小牧、仙台、茨城、千葉、東京、西東京、名古屋、大阪、神戸、福岡、熊本、鹿児島
本社 〒838-0138 福岡県小郡市寺福童426
フリーダイヤル 0120−100−433
電話 0942-73-1470 FAX 0942-73-1410
mail:info@isolabo.com
Copyright (c) 2003-2018 ISOLABO Co.,Ltd. All rights reserved.