このコーナーでは審査機関の選び方を紹介しています。

警告!読むまで取るなISO
 
|||||||||||||||||||||||||||||| トップページにGo |||||||||||||||||||||||||||||| ||||||||||||||||||||||||||||||| 来たところに戻る |||||||||||||||||||||||||||||||


   ISO審査機関選定お役立ち情報


最近は、審査機関を乗り換える会社も多くなっています。
不況だから何とか費用をおさえたいという心理を反映しているようです。
そのことはともかく基本的なことから見てみましょう。


ISOを取得するためには、審査を受ける必要があります。
ISOの審査は、審査機関が行います。
審査は2回に別けて行われ、次のようなことが問われます。

第1次審査 作られたマニュアルはISO規格の要求を満たしているか?
        マネジメントシステムに問題はないか?
        どの程度実施されているか?
        スケジュール通り2次審査を実施できるか?

第2次審査 作られたマニュアル通り漏れなくきちんと実施されているか?
        実施された証拠はあるか?

第1次審査と第2次審査の間隔は一般的に1ヶ月とります。
第2次審査で問題が見つからなかったとしても、登録されるまで1〜1ヶ月半が必要です。
審査機関への審査依頼は、第1次審査を受ける3ヶ月前には行いましょう。

日本国内で活動中の審査機関は全部で約60社ほどあります。
こちらに審査機関リストがあります。

この約60社の中から審査機関を選ぼうとしても、選ぶための情報がどこを探してもありません。
そのため困っているユーザーも多いことと思います。
そのことはコンサルタントとして活動している私も同じです。

見積をもらえば審査費用はわかります。
審査費用だけで審査機関を選定して良いものでしょうか?

ISO規格に照らして適合しているかどうかを判定をするのが審査です。
審査員の好みや個人の考えが入るのは良い審査とは言えません。
だって審査員が規格ではないからです。

最近は審査受注にも価格競争が発生しています。
これに対応するためには、コストダウンが必要です。
コスストダウンのために審査員に対する教育を中止した審査機関も出始めています。
審査員のレベル合わせはどうするのでしょうか?
これで本当に良いのでしょうか?

審査を受けた会社に伺うと 、
「審査員が懇切丁寧におしえてくれた」
「審査を受けて自分たちのシステムの弱点が分かってよかった」
「次回も同じ審査員に来て欲しい」
とする会社がありました。

反面これはどうかなと思う審査員が少なからず存在します。
実際に審査に立ち会った経験を申し上げますと、

ISOが要求もしていないのに、「〇〇〇をやるのが望ましい」と
 我が社ではいらないと判断しているのに、押しつけがましいことを言う審査員、
 → 納得できる場合と審査員の押しつけとしか感じられない場合とがありました。

異なるお客様で連続5回も不適合ゼロが続いた審査員もいました。
 → しっかり見て頂いたのでしょうか?

「品質方針は外向きに作るべきである」と言った審査員もいました。
 → ISO9001はそんなことを要求してはいません。
   ISO14001と勘違いしたのかな?

「この人に、こんな権限を持たせて良いのですかね。
 ま、御社が決めることだから良いですけど」と
 それをかえないと、いかにもダメのような発言をした審査員にはお客様も閉口しました。

ISOの要求と照らしてなにも問題ないのに、「これはわかりにくい。こちらの方が良い」と
 言ってわざわざ記録を作り替えさせた審査員もいました。
 → 自分の好みに合わないと納得しない審査員なのでしょう。

ISO14001の審査で企業から出るゴミは全て産業廃棄物であると言った審査員もいました。
 → 廃棄物処理法ではそんなことは決められていません。
   もっと勉強しなさいと言いたいですね。

審査立会いに遠方まで行ったのにお客様にうまいことを言って、
 コンサルタントを審査会場から追い出した審査員もいました。

審査が終了し帰り際に、追加でいろいろ言われたケースもありました。
 これはやってはいけないことになっているでしょ。

審査を受けるたびに無理なことを指摘され、どんどん重たくなっていくと
  悩んでいる会社もありました。
 → このような場合は審査員を変えてもらう方法があります。

毎回の審査費用の負担に悩んでいるという会社もありました。
 → このような場合は料金の安い審査会社に乗り換える方法があります。
    最近はこの乗り換えが盛んです。

他の審査機関に乗り換えてとんでもない目にあった会社もありました。
 → 見積をもらったら他社の半額に近かったので依頼したが、
    審査が終わった後で追加料金を取られたとのこと。

審査機関からみえた営業マンがとても親切で好感がもてる人でした。それで契約したのに、
  やって来た審査員は傲慢で、高飛車な人で対応に疲れたとおっしゃるお客様も
  居ました。

「えっ!これってなに?」という審査はもう沢山です。
もっと役に立つ審査をして欲しい。

このため弊社のメンバーが情報交換し
この審査機関ならOKといえる審査機関を選定しました。

OKと言っても保証するわけではありません。
ここで紹介するのは弊社の現役コンサルタントが安心できると評価した審査機関です。
そのリストがこのページの下の方にあります。

下のリストに載っていない審査機関は問題があると評価された審査機関か、
今までに審査を受けたことのない審査機関のいずれかです。

見積依頼したいお客様の利便性を高めるため複数の審査機関に、
同時一括見積依頼ができるようにしています。
下のメールフォームをどうぞご利用ください。

えっ、なぜこのページを作ったのかって?
それは業界の健全な発展と、審査を受けるお客様の役に立てれば良いと思ったからです。

           
     ここで入力して頂いた個人情報は審査機関に届きます。
        ここで表示された審査機関には連絡業務と見積提出以外には使用しないことを約束して頂いています。
        アイソ・ラボが連絡業務に使用することがあります。
     このコーナーへの質問や要望は質問受付けにどうぞ。

  審査機関選定について直接相談したい場合はメールをください。(無料)

ISO審査見積依頼コーナー  先月は5社から審査見積依頼がありました。
このフォームに記入して送信すると指定した審査機関に見積依頼や問い合わせが届きます。
弊社が推奨する審査機関リスト
 
同時に複数の審査機関に見積依頼が出来ます。
 現在全部の審査機関が選択されています。不要な場合は該当のチェックを外して下さい。
 審査機関の並び順は推奨する順位ではありません。ランダムに並べてあります。

(財)日本品質保証機構(JQA)
(株)日本環境認証機構(JACO)
(財)日本科学技術連盟(JUSE)
(株)NSF−ISRジャパン
  
お名前  お名前をお書き下さい。
メールアドレス  半角英数字
郵便番号  半角 −を入れて入力して下さい。
都道府県
住 所
会社名
部署名又は役職名
業種業態
従業員数  会社全体の人数を書いてください。
電話番号 半角 −を入れて入力して下さい。
FAX番号 半角  不明な点はFAXで問い合わせます。
コンサル会社名  個人コンサルさんの場合は個人と書いて下さい。
コンサルタント名  コンサルタントを入れていない場合はなしと書いて下さい。
適用範囲(取得範囲)
機械装置の設計製造などと書いてください。分からない時は仕事の内容を書いてください。
設計開発 設計又は開発する活動はありますか? ある  ない  分からない
適用する拠点
適用する拠点はどこですか? 本社、大阪支店、名古屋営業所などと書いてください。
適用する人数 名 パートさんは8時間に換算して下さい。 例:4時間×2名は1名
取得希望時期  その日の少なくとも3ヶ月前に審査申し込みすることが必要です。
規格の名称

見積依頼したいのはどの規格でしょうか?

ISO9001 品質マネジメントシステム
ISO13485 医療機器の品質マネジメントシステム
ISO14001 環境マネジメントシステム
ISO20000  ITサービスマネジメントシステム
ISO22000 食品安全マネジメントシステム
ISO22301 事業継続マネジメントシステム
ISO22716 化粧品−GMP
ISO27001 情報セキュリティマネジメントシステム
ISO39001 道路交通安全マネジメントシステム
ISO45001 労働安全衛生マネジメントシステム
ISO/TS16949 自動車の品質マネジメントシステム
JISQ9100 航空宇宙防衛機器の品質マネジメントシステム
通信欄 審査機関への連絡内容をお書きください。
審査員への要望を書かれてもOKです。
 → 要望通りの審査員が来るかどうかはわかりませんが……。
下の質問にお答えください。

今どのような状況でしょうか?
    
ISO取得予定なし
   ISO取得検討中
   マニュアル作成中
   マニュアル通り運用中
   審査機関の乗り換えを検討中 
      乗り換えを検討中のお客様は次の質問にお答えください
      次回の審査はいつ実施予定でしょうか?

      現在の審査機関はどちらでしょうか?   

取得済みのISO規格を教えて下さい。(複数選択可)

どれも取得していない 
ISO9001 品質マネジメントシステム
ISO13485 医療機器品質マネジメントシステム
ISO14001 環境マネジメントシステム
ISO20000 ITサービスマネジメントシステム
ISO22000 食品安全マネジメントシステム
ISO22301 事業継続マネジメントシステム
ISO27001 情報セキュリティマネジメントシステム
ISO39001 道路交通安全マネジメントシステム
OHSAS18001 労働安全衛生マネジメントシステム
BS25999-2 事業継続マネジメントシステム
FSSC22000 食品安全マネジメントシステム

見積依頼の動機
  
審査費用がどの程度かかるか知りたい。(概算で良い)
  審査機関を選定するため正式見積が欲しい。
  今回は見積依頼ではない。

審査費用の他に、コンサルティング料金の見積も必要ですか?
   必要だから出してください。    不要です。

内容を確認後、送信前にチェックを入れて下さい。    

                                               来たところに戻る

|||||||||||||||||||||||||||||| トップページにGo |||||||||||||||||||||||||||||| ||||||||||||||||||||||||||||||| 来たところに戻る |||||||||||||||||||||||||||||||
アイソ・ラボ株式会社
札幌、苫小牧、仙台、茨城、千葉、東京、西東京、名古屋、大阪、神戸、福岡、熊本、鹿児島
本社 〒838-0138 福岡県小郡市寺福童426
フリーダイヤル 0120−100−433
電話 0942-73-1470 FAX 0942-73-1410
mail:info@isolabo.com
Copyright (c) 2003-2016 ISOLABO Co.Ltd, All rights reserved.