ISOはまもなく崩壊する。

警告!読むまで取るなISO
  アイソ・ラボ株式会社  
|||||||||||||||||||||||||||||| トップページにGo |||||||||||||||||||||||||||||| ||||||||||||||||||||||||||||||| 来たところに戻る |||||||||||||||||||||||||||||||

   このままではISOは崩壊する

 
 

2019年10月ある会社から電話を頂いた。その時の会話は次のようなものだった。
12月に定期審査がある。4月以降何もしていないので、なんとかして欲しいとのことだった。
ともかく訪問して色々と見せていただいた。
この会社は本当に何もしていなかった。

品質マニュアルは作られていたが、穴だらけのマニュアルで、記録の要求があるのに
記録を残すようになっていなかったり、誰がどのようなことをやるのかが具体的に書かれて
いなかった。これでは仕事に使えないマニュアルとしか言いようがなかった。
これでは不適合の指摘があるはずと思い審査報告書を見せて頂いた。
前回の審査報告書をみて驚いた。「不適合ゼロ」と書いてあったのだ。

本当に不適合がないのかと聞いたところ「不適合はある」とのこと。
審査員は「不適合があると具合が悪いので不適合は書きません」と言ったそうである。
これはどういうことだろうか?

該当の審査機関で審査員をやっている10年来の知り合いに聞いた。
「うちでは審査報告書に不適合を書く人はいない」との証言を得た。これには驚いた。
不適合があるのに不適合を審査報告書に書かないそうだ。
書かないということは、改善が進まないことになる。
なにもしなくても合格することになる。
お金をはらいさえすれは、ISOは維持できる。
不適合があるのに不適合を書かない審査員は、直ちに襟をただし本来の姿に戻ってほしい。

ISOの取得を入札条件や取引条件として使っている企業や役所は多い。
ISOの取得や維持のための活動をやっていないのに入札条件や
取引条件をクリアすることになる。
ISOを取っていないのに、取っているようにするのは、
これはやってはいけない
不正行為だ。
優良誤認表示を禁止する景品表示法に抵触する恐れがある。

関西にはISO運用代行会社が出来て9年ほど経つ。
運用代行会社は記録の捏造会社である。
社長はYoutubeに顔を出して堂々と「あなたのところは何もしなくてよい」と訴えている。
日本経営品質賞を取るほどの会社の社長まで登場して宣伝している。
このような会社があって良いはずがない。
これもやってはいけない反社会的活動をやっている会社だ。
人の弱みにつけ込み、金儲けを企む活動は止めて欲しい。

先週同じように、不適合があるのに不適合を指摘しない審査員を見つけた。
この審査機関もおそらく会社ぐるみでそのようなことをやっていると思われる。(想像だが)
そういえば10年ほど前に異なる3つの会社を審査をして3社とも不適合ゼロがあった。
このころから不適合を書かない審査員が居たのだろう。

日本には、日本適合性認定協会という団体がある。
この団体は、審査機関を認定している国内唯一の団体である。
この団体は、審査機関が行っている審査に問題がないか定期的に審査を行っている。
定期審査をきちんとやっていれば問題がある審査機関があれば気づいているはずである。
この団体は、審査員の不正を見てみぬふりをしているのではないか?
これらが蔓延するとISOは信用をなくし
崩壊する。
世界の英知を集めてつくられた国際規格を正しく使うように自らを含め指導監督願いたい。

ISOは、本来会社のあるべきを示したものだ。
特にISO9001は、お客様から要求された通りの製品やサービスを指定された納期通りに、
指定された場所に、指定された数量を提供するためのものである。
間違った製品をつくらない、問題のある製品を出荷しない、
顧客クレームを発生させない、そのために何をすればよいかが書かれている。
これを正しく活用すれば企業は必ずよくなると私は思います。

弊社は、品質マニュアルが業務実態と合っていないなら作り替えることをお薦めする。
品質マニュアルと関連文書が100頁を超えているようならスリム化をお薦めする。
運用が難しいのなら、やさしいマニュアルに作り替えることをお薦めする。
そのような実績は100社を超えている。

ISOの活動がうまく行っていない。
会社内の人間関係がぎすぎすしているので何とかしたい。
仕事に対する意識がばらばらなので何とかしたい。
ISOを取得したものの思うように売上が上がらない。
ISO9001を取得したら品質問題が増えた。
たびたび問題が発生しお客様から叱られる

このようなことでお悩みならお話をお聞きした上で、有効な方法を提案します。
もっと業績をあげたいのならISOに頼らない方法もあります。
ISOのことでお困りならまずメールを下さい。
メールを頂ければ問題解決のために一緒に考えたいと思います。
あなた様からのメールをお待ちしています。

       2020年2月10日
       アイソ・ラボ株式会社
       会長 経営コンサルタント
       平川雄典

                                                      きたところに戻る    

アイソ・ラボ株式会社
札幌、苫小牧、仙台、茨城、千葉、東京、西東京、名古屋、大阪、神戸、福岡、熊本、鹿児島
本社 〒838-0138 福岡県小郡市寺福童426
フリーダイヤル 0120−100−433
電話 0942-73-1470 FAX 0942-73-1410
mail:info@isolabo.com
【ISO取得/移行/ISO14001/IATF16949/ISO22000/FSSC22000/ISO45001/ISO9001/ISO審査機関】
Copyright (c) 2003-2020 ISOLABO Co.,Ltd. All rights reserved.