ISO9001 超コンパクトISO

え~っ!!
こんなマニュアルでもISOが取れるんですか?

もちろん!!「この分量じゃ駄目」という審査員がいたら、審査員の方がダメです。
すでに沢山の会社が合格してますから大丈夫です。

2002年、審査直前に心配になられた、お客さんと私のやり取りをご紹介します。
この会社は5cmもある膨大なマニュアルを作っておられました。2000年版の移行にあたり、スリム化したいとのご要望で、徹底してスリム化しました。その結果は手順書を含めて2.5mmのマニュアル1冊だけになりました。5cmが2.5mmですから、心配になられて当然でしょう。結果は一発で合格。逆に審査員からほめられたそうです。

これが証拠写真だ!

「超コンパクトISO」

← こちらが私が推奨する超薄マニュアル。「超コンパクトISO」って呼んでます。薄いので丸めて持てます

従来型

← こちらが厚さ5センチの膨大マニュアル。
「我が社のは、こんなにすごいんだ~」なんて、かっこいいのでインテリアにもってこいです。見栄えがしますよ。

※最近はこれほどのマニュアルはほとんど見かけなくなりました。それでも1cmを超えるものはまだまだありますね。

  

  

「うちのも薄い。品質マニュアルは23ページしかありませんが……?」 

いや~、勘違いしないで下さい。私が言っているのは、手順書を含めてのことです。
手順書とは、「何とか規定」とか、「何とか標準書」と呼んでるものです。それらを全部含めての厚さです。

ページ数で表現すると、5cmのものは1000ページ、2.5mmのものは50ページです。
従来型は多いもので1000ページもあります。少ないものでも150ページあります。

1000ページのマニュアルって、作るのに、どの位かかるでしょうか?
もらった人たちは読みたいと思うでしょうか?
全体を理解できるでしょうか?
理解出来ないものは、仕事の役に立たないのでは??

私は、35ページ程度のマニュアルを「超コンパクトISO」と呼んでいます。
35ページ程度なら、数時間で読めます。何度も読めるので全体を理解出来ます。
こちらの方が気楽でしょ?     

あなたは、ISO9001を取るのに、
●膨大な文書を作る必要があると思っていませんか?
●沢山のお金がいると思っていませんか?
●専用人員が必要だと思っていませんか?
これ全部間違ってま~す。

●元請けからISOを取れといわれて困っていませんか?
●うちでも取れるだろうかと心配していませんか?

ご安心下さい。ISOを取ること自体は少しの努力が必要なだけで、それほど難しいものではありません。
(でも初めて取る時は、やっぱり難しいかな?)
でも、取った後の運用となると重たい負担がかかることがあります。
実は重たい負担にならないやり方があるのです。

私は、ISO9001を自ら取って自ら運用した経験をもっています。
このように申し上げる私も、最初は失敗ばかりでした。
今になって思い返すと、よくもあんなマニュアルを作ったものだとあきれてしまいます。
そんな私が引き起こした間違いと同じ間違いをしている会社をたびたび見ます。
できるなら同じ間違いをして欲しくありません。

押しつけるつもりは毛頭ありませんが、これから取り組まれるあなたには、
このページを読まれてから取る準備活動を始められても良いのではないでしょうか?

このホームページでは、ISO9001を取る前に知っておくべき3つの秘策をお伝えします。
まずは、ISO9001導入のメリットから見ていきましょう。

ISO9001を導入するとこんなメリットがあります

  • ビジネスチャンスの拡大、売上増加につながります。
  • イメージアップ、信用度が向上します。
  • お客様の満足度が向上します。
  • 間接部門が原因のトラブルが少なくなります。
  • 社内の意志疎通がよくなります。
  • 過去の記録がすぐ取り出せるようになります。
  • 組織が活性化されます。

ある掲示板には、こんな書き込みがありました。こうなれば大成功ですね。

  • 責任の所在が明確になったので、業務上の責任感が増したようです。
    自分の仕事と自覚して、進捗管理が行なわれるようになり、報告も徹底されるようになりました。
  • 何度やっても根付かなかった改善提案が、予防処置としてシステムに組み込まれたのは良かったです。
  • 何もせずに文句を言ってるような人が減りました。会社の体質・システム批判をすると「ああ、ぜひ予防処置であげてよ」となるからです。  

まだまだ、たくさんのメリットがあります。詳細は ISO9001導入のメリット へどうぞ。

ただし、これらのメリットを得るためには、ISO9001を取るだけでは得られません。マニュアルをしっかり作り、しっかり運用して初めて得られるのです。しっかり運用するためには工夫が絶対的に必要です。

ISO9001うまくいくための工夫とは

  •  楽に運用できるシステムにすること。
  •  最初は無理をしないこと。
  •  やさしいマニュアルにすること。
  •  薄くてかる~いマニュアルにすること。
  •  記録用紙を徹底的に工夫して短時間に作れるようにすること。

このようにしないから、成果が出る前に「たいへんだ」「たいへんだ」と言って活動をやめてしまったり、二重帳簿を作ったり、よけいな仕事が増えて、ISOが金食い虫になったりします。

最悪の事例では、うまく行かないために重要人物が退社したケースや、専用人員を置いて人件費がふえ、収益に悪影響を与えた会社もあります。

ISO9001は、膨大な文書や記録、過剰な活動なんて求めてません。誤解が誤解を生み、大変な事になって、ISOを悪者にしている人が多いのが気になります。
「よそのを真似たら知らない間にそうなっていた」、なんてことにならないようにしましょう。そうならない秘策を、私がそっとお教えします。

え、私ですか?

私がお世話するヒラカワです

超コンパクトISO アイソ・ラボ株式会社
私がヒラカワです

●自力で9001を取得し運用した経験を持っています。
●私の秘策は、自ら取って自ら運用した苦い経験から得たものです。
●実は、私も最初は間違いばかりでした。(元勤務先の社長ごめんなさい)
●とんでもないことをマニュアルにしたこともありました。(すでに時効成立?)

しかし、苦労したかいがあって今では、審査機関やお客様からも新たなお客様を紹介して頂いています。つまりお客様が営業マンというわけです。

詳細は プロフィール へどうぞ。

アッと驚く、知っておくべき最重要3つの秘策

取得した先輩企業の多くが
「準備段階はたいへんだった、取得した今はもっとたいへん」と言っています。
私に言わせると「たいへんになるように、マニュアルを作られた」のだろうと思います。

ISO9001は、仕事の進め方をマニュアル化することを求めています。
マニュアルの作り方によっては、負担が大きくなったり、小さくなったりします。
たいへんなことにならないように、知っておくべき3つの秘策をご紹介します。

  • 文書が多いのは、うまく行かない最大の原因です。
    手順書を含めて、1業種35ページ程度のマニュアル1冊で十分ですし、その方が役に立ちます。
  • 気楽に運用できるようにするには、やさしいマニュアルにすることです。
  • 記録様式は、従来から御社あるものに+アルファするのがお薦めです。

専用人員は必ずしも必要ではありません。
本当に必要なのは知恵と工夫です。
詳細は知っておくべき 最重要3つの秘策 をご覧下さい。

お蔭様でお客様から、たくさんの感謝の言葉を頂いています

  • うちみたいな所でもとれました。
  • 書類が増えるって聞いていましたが、思っていたほど増えてません。
  • 必要な文書はすぐに出来あがったし、運用も楽です。
  • よそは5センチ、うちは2ミリちょいのスリムなマニュアルでISOがとれました。
  • 今まで通りにプラスαの楽ちんシステムで運用できています。
  • ヒラカワさんを紹介してくれた友人に感謝です。もちろんヒラカワさんにも感謝です。

詳細は ISO9001お客様の声 をご覧下さい。
今までの 支援実績 はこちらです。

ISO9001さらに詳しいノウハウを知りたい方は

ISO9001 取る前に読む本ISO9001編
『取る前に読む本ISO9001編』

「取る前に読む本 ISO9001編」をご紹介しています。
今、全国各地で「取る前に読む本 ISO9001編」が読まれています。

どちらかというと中小企業向けの参考書ですが、大企業の方からも資料請求を頂きました。

ヤマハ、YKK、オリンパス光学、日本テレコム、凸版印刷、NTT西日本、雪国まいたけ、農林水産省、鴻池運輸、メルファム、生協、日本電子、sofmap、テレモ、松下電器産業、三菱化学、澁谷工業、カルピス、セイコーエプソン、東京エレクトロン、三洋電気、三井造船等(敬称略)

平成28年1月1日時点で、すでに全国8,921ヶ所のお客様にお送りしました。読まれた会社からかなりの確率で追加注文が届きます。気に入って頂いた証拠だと思うと嬉しくなります。読まれたお客様の感想も、ぜひご覧ください。

※私が知らない間に、よそのホームページで紹介されていました。
「ある建設技術者のメモ」 ← 『取る前に読む本 ISO9001編』の書評が書かれています。
「ISOの本棚」 ← ISOの本を紹介したページです。

【infomation】

※さらに詳しい情報を知りたい方は、下の順番にお進み下さい。
こんなISOが良い → 最重要3つの秘策 → ISO9001お客様の声 → プロフィール → 資料紹介 → 資料申込み

アイソ・ラボ株式会社